自動スプレーシステムの導入により自動車メーカーは1日のオイル使用量を70%削減

問題:
ある自動車メーカーでは、外装部品を含む様々なパーツを製造しています。パーツのプレス工程前には、金属ブランクへ潤滑油を塗布する必要があります。従来は二流体スプレーガンを使用して潤滑油を塗布していましたが、コンプレッサーエアーを使用することで部分的にオーバースプレーとなっていました。同社では、潤滑油の年間消費量25%削減を目標に、設置と操作が容易でコンプレッサーエアーを必要としない塗布システムを必要としていました。

Spray system for automotive manufacturing

解決策:
現場テストによる検証後、AutoJet®スプレーコントローラー2セット、ガンスイッチ、およびPulsaJet電動スプレーノズル24個を設置しました。スプレーシステムは金属ブランクの上下両面からオイルを塗布します。スプレー制御装置は同社(Mark One)コントローラーパッケージに統合。様々な金属ブランクのサイズに対応するため、スプレーコントローラーが距離をもとにスプレータイミングを制御し、断続スプレーによりライン速度が変わっても正確なスプレー塗布を可能にします。また、精密スプレー制御(PSC)により、均一なカバー範囲と正確な流量調整が可能です。PulsaJet電動スプレーノズルは、ミスト飛散やオーバースプレーの発生リスクを最小限に抑えます。

結果:
AutoJet®スプレーシステムによりコンプレッサーエアーが不要になり、以前の塗布システムと比べてノズルを26個削減しました。その結果、自動車メーカーは1日のオイル使用量を70%削減し、オイルのミスト飛散やオーバースプレーによるロスを減らすことに成功しました。これらの効果により、作業員の安全性も向上しました。また、コンプレッサーエアーの使用や、それに関連するエネルギーコストを削減することができたため、サステナビリティを大幅に改善しました。

PDFはこちら>>

PulsaJet Nozzles

PulsaJet自動スプレーガン

パルス制御方式の一流体スプレーガン。1サイクル最短0.006秒(1分間に最大1万回)の高速間欠スプレーを実現。

可搬式自動スプレーユニットスプレーカートⅣ

目的・用途に合わせて、決められたタイミングで決められた量の自動スプレーを効率的に行う可搬式スプレーユニット。タッチパネル式コントローラーを搭載。設定操作がより簡単・スピーディに行なえ、運転状況も一目で確認できます。さらに細やかな流量制御と的確なタイミング制御を可能にし、本格的な精密定量スプレーを実現します。